酸梅湯

慢性的な疲労体が弱り、食欲がないというときにぜひ飲んでほしいのが、この酸梅湯です。
梅の酸味が唾液の分泌を盛んにしてのどの渇きを止め、弱った胃腸を引き締める健康ドリンクです。
材料の烏梅は黒くいぶした梅で、胃腸の働きを活発にして食欲を増進させる有機酸の宝庫です。
特にクエン酸は、糖質の代謝を助け疲労の原因となる乳酸を燃焼させ、疲労回復をうながします。

さらにこれに、食欲を増す効果のある陳皮(みかんの皮の干したもの)を組み合わせているので、酸梅湯をお茶代わりに飲んでいるうちに、自然と食欲がわいてくるようになります。


酸梅湯の作り方

  1. 烏梅10粒、陳皮1個分、水4カップをなべに入れて火にかけ、弱火で煮立てる。
  2. 水量が2/3ほどになるまで煮詰まったら、ガーゼでこして、ハチミツ少々で好みの甘さをつける。
  3. 良く冷ましてから冷蔵庫で保管する

お茶がわりに冷たくして、食前、食簡に飲む。
※烏梅は漢方専門店で売られています。