痛風の応急処置と合併症

痛風はある日突然に発症します。しかも激痛をともなっています。
医師の診断を受ける前の注意点をあげてみましょう。

まず幹部を冷やしましょう。タオルで包んだアイスノンなどが便利です。
暖めたり揉んだりは絶対に避けましょう。
激痛のため痛み止めに手が伸びますが、できるだけ医師の指示に従いましょう。

また痛風には深刻な合併症(高血圧や高コレステロール血栓・高中世脂肪など)が潜んでいる場合もあります。通風と診断された場合は合併症の有無を調べてもらいましょう。

バランスの良い食生活と適度な運動で、激痛の痛風を上手に避けましょう。