月経痛の悩み

月経痛の症状と原因

初潮から20代までの若い女性の多くの月経痛は、子宮や頸管の発達が不十分なために経血がとおりんくくておこる痛みで、さほど心配ありません。
大部分は結婚や出産によって症状が軽減されます。

しかし、30代を過ぎてからの月経痛は、子宮などの病気が原因のことが多く、医師の診察が必要です。

特に、病的な原因がみつからず症状も軽い場合は、鎮痛剤で痛みをとることもできますが、体を温めて血行をよくすることでかなり痛みは解消します。

体を温める食べ物や漢方療法も効果的です。
月経中は、おなかを冷やさないように注意して、マッサージや軽い運動を行うのもよいでしょう。

月経痛に効く食べ物