悪玉コレステロール(LDL)の増加

血液中で余分になったLDL、つまり悪玉コレステロールが動脈壁に付着すると、マクロファージと呼ばれる細胞が集まってきます。
これは、酸化したLDLを食べて掃除するためです。

しかし、このマクロファージは、酸化したLDLを食べると変化を起こし、泡沫細胞となって血管壁にたまってしまいます。

悪玉コレステロールや泡沫細胞がついた血管壁は、でこぼこになって厚くなったり、硬くなったりし、その結果血液の流れが悪くなります。
この状態が、動脈硬化と呼ばれているものです。

血液がスムーズに流れなくなると、体全体にさまざまな影響が出始め、ついには、生命の関わる重大な病気へと発展していきます。

たとえば、心臓に血液を送っている血管に動脈硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞を引き起こします。
脳の血流が悪くなった場合は、脳梗塞などを起こします。
いずれも、生命に危険を及ぼす病気です。

また、手足の血流が悪くなると、痛みで手足が動かせなくなります。
血液が末端に届かなくなり、細胞が壊死すると、足を切断しなければならないようなこともあります。

このほか、過剰なコレステロールは、胆石の原因にもなります。



悪玉コレステロールの増加関連記事/通販情報