寝汗

寝汗とは、睡眠中気づかぬうちに衣類を濡らしてしまうほど大量に汗をかくことをいいます。
 
しかしその多くは、生理的な発汗がほとんどです。
人間の体は、健康でも睡眠中は汗をかきやすい状態にあります。

特に気温や湿度が高かったり、布団をかけすぎていたり、衣類の重ね着をしていれば、汗をかくのはごく自然のことです。
あまり気にしないほうがよいでしょう。

しかしどうしても気になるのであれば、寝具をなるべくうすいものにするなどの調節をします。

冬でも、布団のかけすぎや、電気毛布などの暖房具が原因で多量の寝汗をかくのは、生理的なものですから心配はいりません。

風邪や発熱の回復期やいやな夢を見た直後に、べっとりと気持ちの悪い脂汗をかくことがありますが、これはよくなる前兆なので、あわてて汗をとめようとする必要はありません。
こまめに下着やシーツを替えて、体を冷やさないように注意しましょう。

これといった原因がないのに、じっとりと寝汗をかき、ひどいときは寝具までぬれたり、洗髪後のように頭に多量の汗をかく場合はふつうとは言えません。

過労や自律神経(じりつしんけい)のバランスが崩れたときに起こりやすく、頭痛や肩こり、月経不順を伴うケースもあります。

寝汗は心身が弱っていると、よけいにかきやすいものです。

寝汗

また、肺結核や感染症の全身症状の一つでもあるので、ひどい寝汗が続くときは専門医の診察を受けましょう。

過労などによる一時的な寝汗は、滋養強壮効果の高いものを食べ、心身を癒せばじきに改善されるでしょう。

寝汗をかきにくくするには、まず生活や体質を改善していくことです。日ごろからスポーツなどで心身を鍛えておくことも大切ですが、疲れたときは体を休めることも大切です。
食事にも強壮作用のある食品をとり入れるようにしましょう。



寝汗に良い食べ物

寝汗の関連ページ・通販情報