大豆(だいず)の効能効果

大豆成分で血液改善

大豆の抗酸化力作用

大豆にはたくさんの有効成分が含まれています。
なかでも、コレステロール値の上昇を防ぎ、動脈硬化の予防に効果があるのが、大豆サポニン、大豆イソフラボン、レシチンです。

ダイズ

大豆サポニンは、過酸化脂質の増加を防ぐ働きをするため、悪玉コレステロールの酸化を抑えてくれます。
また、脂質の代謝を促進し、肥満を防止する働きもあります。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をもち、動脈硬化を防いでくれます。
エストロゲンは、血液中に余分な脂質があるとき、肝臓に吸収するのを助けるホルモンです。
つまり、大豆イソフラボンも同じ働きをして、血液中に脂質が残らないようにする働きがあります。

レシチンは、リン脂質ともいい、コレステロールや中性脂肪などの脂質が、血液に入り込めるようにリポたんぱくを形成します。
このレシチンのおかげで、血液中に残ったコレステロールが回収でき、肝臓に運ぶことができます。

これらのほかに、食物繊維やカルシウム、ビタミン類なども含まれています。

ビールのつまみの定番、枝豆は大豆を若い時期に収穫したものです。
大豆とほぼ同じ成分を含み、しかも、大豆にはほとんどないビタミンAやビタミンCが含まれています。


大豆加工食品の効果

大豆は、さまざまな加工食品になっています。
きな粉、みそ、しょうゆ、豆腐、湯葉、豆乳、油揚げなど、加工法や形態も多種多様ですが、有効成分には変わりありません。

それどころか、湯葉のように加工されたことで、カルシウムやカロテンの含有量が増加するものもあります。

また、納豆のように加工したことでナットウキナーゼと呼ばれる新たな有効成分が生まれるものもあります。

このように豊富な有効成分を含んだ大豆や加工食品を、毎日の食事でしっかりとりたい食材です。



大豆の関連記事/通販情報