口臭の悩み

刺激性のあるにんにくやネギ・ニラを食べた時や、タバコを吸う人などの口が臭うのは当然のことですが、こうした原因がないのに口が臭い場合があります。

口臭に悩む人は多く、その原因もさまざまですが、大まかに3つのパターンに分類することができます。

まず、生理的口臭です。
これは空腹時や起床時に感じる不快な口の臭いのことです。
この臭いは、口の中の細菌の繁殖活動が活発になることによって起こります。

通常、口の中の細菌は、唾液によって浄化され、その繁殖がくい止められています。
しかし、空腹時や睡眠中は唾液の分泌が少なくなってしまうため、細菌の活動が活発になり、異臭を発することになります。

次に考えられるのが、病的口臭で、一番多いのが歯肉炎や歯槽膿漏、虫歯です。
これは虫歯の中に詰まって腐った食べ物のカスや歯垢、歯肉から出る血や膿などに細菌が多量に住みつき、臭いを発生させます。

また、口以外の病気が原因の場合もあります。
例えば肺結核や慢性気管支炎といった呼吸器系の病気、慢性鼻炎や蓄膿症などの鼻の病気です。

その他胃の病気である急性胃炎、慢性胃炎、胃下垂が悪化した時も、吐く息が臭くなることがあります。

最後に考えられるのが、心因性口臭です。
別名、口臭神経症ともいい、実際には口臭などないのに、口臭があると思い込んでしまうケースです。

口臭の悩みを訴える人はこのタイプが多く、特に几帳面で神経質な性格の女性に多くみられます。



口臭の予防・対策

病的口臭はもとの病気を治すことで口臭も治ります。

生理的口臭と心因性口臭に関しては、あまり気にしないことが大切です。
臭いを気にしすぎて、おしゃべりするにも緊張したりすると、唾液の分泌が少なくなり、逆に口臭の原因になってしまいます。

どうしても気になるときは、一度耳鼻科か内科の診察を受け、口臭がないことを確認すると良いでしょう。

>>口臭予防対策に効く食べ物民間療法へ



口臭の悩み関連ページ・通販情報