円形脱毛症に効く民間療法

ニンニクとショウガのしぼり汁

ニンニク2片、ニンニクとほぼ同じサイズのショウガ3片を別々にすりおろします。
それぞれの汁をしぼって混ぜ、地肌に塗ってマッサージします。

15分ほどそのままおいて、やや熱めのお湯で洗い流します。
これを3日に1回ずつ続けると、2~3か月で産毛が生えてくるといわれます。

栗のいがの黒焼きペースト

栗のいがは煎じるとかぶれなどのかゆみ止めになりますが、黒焼きにすると効能が変わり、円形脱毛症に効くといわれています。

栗のいがの黒焼きをゴマ油でねったペーストを、小さじ1杯くらいずつ地肌にすりこみます。

1日2~3回、毎日根気よく治療します。
抜け毛にも効果があります。

栗のいがの黒焼きペーストの作り方

  1. 栗のいが10個をアルミホイルに包んで網にのせ、黒焼きにする。
  2. すりつぶしてふるいにかけ、粉末にする。
  3. ゴマ油200mlを加え、よく練り混ぜる。

トウガラシローション

血行を良くするトウガラシを使った、昔ながらの民間薬です。
ヨードチンキに色が似ているので、トウガラシチンキの別名もあります。

地肌に塗ってマッサージするだけ。
簡単でべとつかず、1度作っておけば長期にわたって利用できます。
傷があるとしみるので、地肌には爪をたてないように気を付けましょう。
刺激が強すぎるようなら中止しましょう。

トウガラシローションの作り方

  1. 清潔なガラス瓶に赤トウガラシ10gを入れ、薬用アルコール100mlを注ぎ入れる。
  2. ふたをきっちり閉め、冷暗所で1週間ほどおく。
  3. アルコールが赤く色づいたら、ガーゼでトウガラシをこし取って、ふたをかたく閉めて保存する。

 

円形脱毛症に効く民間療法の関連ページ・通販情報