便秘の種類

消化器の病気などではなく、単に腸の働きが弱まって起こる便秘を機能性便秘といい、大きく3つに分類されます。

弛緩性便秘

  • 大腸や下腹部の筋肉がゆるみ、便を押し出す力が弱くなって起こるもの。

痙攣性便秘

  • 自律神経の乱れで腸が緊張し、ある部分の収縮力が強すぎて便秘になるもの。強い腹痛を伴います。

直腸型便秘

  • 普通は、直腸に便が達すると便意が起こりますが、なんらかの理由でこの感覚が鈍くなり、便意が起きなかったり、感じなくなるもの。近年増加傾向にあります。

これらの機能性便秘を治すためには、脳や体を上手に目覚めさせることが大切です。
胃腸を目覚めさせるには、朝食をとることがベストですが、コップ1杯の水や牛乳、ジュースなどを飲むだけでも良いです、
寝ている間に空になっていた胃袋に何かを入れて刺激を与えましょう。

そして何かを口に入れたら軽く屈伸運動をしたり、お腹をマッサージして下さい。

ただし過敏性腸炎の人が冷たいものを飲むのは、症状が悪化しますので注意して下さい。




便秘の種類関連記事/通販情報