低血圧の悩み

低血圧の症状と原因

一般に低血圧と呼ばれるものは、心筋梗塞や糖尿病などの慢性病が原因の症候性低血圧、原因がわからない本態性のもの、寝ていて起き上がったときにめまいや立ちくらみをおこす起立性低血圧の3つに大別されます。
いずれも内臓や筋肉の発達が不十分で、やせている方に多く見られるようです。

症候性低血圧は、まず病気の治療が最優先です。

原因がはっきりしない低血圧症状のときは、バランスのとれた栄養価がやや高い食事と血行をよくする軽い運動や入浴で体を温め、睡眠を十分にとることが大切です。

めまいや立ちくらみは、特に心配しなくても大丈夫でしょう。

低血圧に良い食べ物