下痢の悩み

下痢とは便が多量の水を含んでゲル状、水のようになった状態をいい、排便の回数も増えます。
食べた物は胃・十二指腸で消化され、小腸で栄養分が吸収されたのち大腸に送り出されます。
この時点ですでに便の原型ができています。しかし、水分がたくさん含まれているので、どろどろの状態です。

泥状態の便は、腸管内をゆっくりと通過します。その間に水分は腸管の壁を通して吸収されます。
水分を減らしながら便は徐々に硬くなっていき、直腸に達したあたりでは、通常の便の硬さになっていますが、その量は、およそ食べた物の半分程度にまでに減っています。

しかし、何らかの理由で便の通過速度が速まり、便からの十分な水分が吸収されない場合や、大腸の壁から多めの粘液が出されると便は硬くなれず、軟便、下痢の状態になります。


下痢の改善プログラム