ナッツ類の効能効果

ナッツ類の抗酸化作用

抗酸化物質で悪玉コレステロールを低減

アーモンドやクルミ、ピーナッツなどのナッツ類には、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸には、悪玉コレステロールを減らす働きがありまが、摂取しすぎると、善玉コレステロールまで減らしてしまいます。
その不飽和脂肪酸の一種でありながら、オレイン酸は、悪玉コレステロールのみを減らすという特長を持っています。

このほか、ビタミンEやミネラルの一種であるセレンも多く、抗酸化作用でコレステロールが酸化するのを防止します。


ナッツ類に含まれるビタミンEと脂肪酸組成

種   類アーモンド(乾)カシューナッツ
(フライ)
クルミ
(炒り)
ピーナツ
(炒り)
ビタミンE31.2mg1.1mg3.6mg11.4mg
飽和脂肪酸8.1%21.7%10.3%18.8%
不飽和脂肪酸一価67.5%60.6%15.2%49.8%
多価24.4%17.7%74.5%31.4%


脂肪酸の種類

飽和脂肪酸

肉の脂身など
※体内でつくられる

不飽和脂肪酸

悪玉コレステロールを減らす反面、過剰摂取は善玉コレステロールまで減らしてしまう

  • 一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)
    ナッツ油、オリーブ油など
    ※体内でつくられる
  • 多価不飽和脂肪酸
    青魚の脂、リノール酸など
    ※体内ではつくられず、食品からとる必要がある(必須脂肪酸ともいう)



ナッツ類の関連記事/通販情報