サフラン茶

サフランの花のめしべには、スペイン料理のパエリヤやブイヤベースなどに使われるスパイスですが、同時に血液を浄化して血行をよくする働きがあり、古くから婦人病の治療薬に利用されていました。

また、これは鎮痛、鎮静作用があり、偏頭痛などに効果があります。
特に月経痛や月経不順、冷え性などに効果的です。

頭痛やめまい月経痛で悩む人は、サフラン一つまみをカップに入れ、熱湯を注いだサフラン茶を常飲することをおススメします。

サフランの干しためしべ数本を湯飲みに入れて熱湯を注ぎ、十分にエキスが出るようさめるまでおきます。
黄褐色のえきになりますのでこれを飲みます。
即効性はありませんが、常飲していると頭痛やめまい月経痛で苦しまなくなってきます。

1日に朝・昼・夜と3回服用するのが理想的です。

濃い黄色で独特の香りをもっており、お茶がわりに抵抗なく飲めます。
イライラした気分をしずめ、月経中をすごしやすくする利点もあります。

サフランは漢方薬店にありますが、スーパーなどでもスパイスとして売られていますので手軽に試すことができます。