ウォーキング

血液中の余分な脂肪分を消費

足を動かすことで、血液循環改善

ウォーキングはお金もかからず、いつでもどこでも始められるうえ、体力に合わせて無理なく運動不足を解消できる有酸素運動です。

なによりも、血液中のコレステロールや中性脂肪、糖分などが消費されます。
脂肪分や糖分が血液中に余らなくなるので、動脈硬化も防ぐことができます。

全身の血液循環も良くなるため、血圧が安定し、心臓も活性化してきます。
血管にも良い影響を与え、血液がサラサラと流れるしなやかな血管維持に役立ちます。


血行促進に効果的なウォーキング方法

  1. 背筋をピンと伸ばす
  2. 視線は10mぐらい先に
  3. 腕を大きく振る
  4. 普段より少し大股で、速めに歩く
  5. かかとから着地する
  • ※後ろ足が地面をけるときは、ふくらはぎをのばすように意識すると良い。


専用シューズでウォーキング

血管や血液を活性化させるウォーキングは、長続きさせたいものです。
ウォーキングを快適に楽しむためには、まずシューズに気を配りましょう。

靴ずれを起こすようなものや、足が着地したときにひざに衝撃を感じるようなものを履くと、足の故障を招いてしまいます。
シューズは歩行時の衝撃を吸収する靴底の厚いもので、つま先が当たらず、靴の中で指が動かせるものを選びましょう。

なお、すでに動脈硬化や合併症のある人は、ウォーキングを始める前に、医師に相談するようにしましょう。




ウォーキングの関連記事/通販情報