むくみ(浮腫)の悩み

むくみは、まぶたや顔がはれぼったくなり、足首やふくらはぎが水太り状態になるのが特徴です。

長時間立ちっぱなしだったり、寝る前に多量の成分をとった翌日に少々むくむのは、よくあることで心配いりません。

しかし、すねを強く押すとへこんだままとか、指輪や靴がきついほどの強度のむくみがあり、疲れやすいなどの他症状を伴なうようなら病気の可能性もあるので、注意する必要があります。

病気の場合は、むくみのあらわれ方が微妙に違います。
最初に顔がむくむのは腎臓病、足からやがて全身におよぶのは心臓病、低タンパク血症、肝硬変、腹膜炎症などが疑われます。
女性は妊娠中毒症や、更年期障害が原因のこともあります。

病気の心配のないむくみは、水分を摂り過ぎないように注意すると同時に、むくみを促す塩分を控え、利尿効果のある食べ物を摂るようにします。