たんぽぽエキス

たんぽぽ

タンポポは薬草としての効果が高いため、昔から漢方薬に利用されています。

消化不良、胃炎、胃痛などによく効くことから、おもに健胃薬として用いますが、タンポポの成分にはすぐれた強壮作用もあり、冷え症の治療にも大変効果てきです。
 
タンポポの薬効は葉、茎、根の部分にあり、乾燥品は蒲公英(ほこうえい)とよばれる生薬です。
乾燥タンポポで作ったタンポポエキスがおすすめです。
なおタンポポは、どの品種も薬効に大差はありません。

たんぽぽエキスの作り方

材料:乾燥たんぽぽ30g、エチルアルコール40ml、水350ml
  1. 乾燥したタンポポをミキサーにかけて粉末にする。すり鉢ですっても良い。
  2. 1.と水を熱湯消毒した容器に入れ、冷蔵庫に2日間置く。
  3. ガーゼなどで2.をこし、底の厚い鍋に入れて弱火で1/2量になるまで煮つめる。
  4. 自然に冷まし、エチルアルコールを加え、熱湯消毒した容器に入れ、再び冷蔵庫などに2日間置く。
  5. 再びガーゼなどでこし、火にかけてひと煮立ちさせる。
    1日2回、朝晩にこのエキス約15mlを水で倍にうすめて飲む。


たんぽぽエキスの関連ページ・通販情報

黒ごまクルミ