嘔吐(おうと)・吐き気の悩み

嘔吐は、大脳の下の延髄にある嘔吐中枢が刺激を受けることによって起こります。

突然嘔吐が起こることはまれで、その前にむかつきや不快感を伴うのがふつうです。

嘔吐を起こす原因は、消化器系に何らかのトラブルがあった場合、乗り物酔い、妊娠中のつわり、酒の飲みすぎ、代謝異常、脳の病気などさまざまです。

この中で、食べ過ぎや飲みすぎ、乗り物酔いなどによるものはあまり心配ありません。
いずれも一過性のもので、吐いてしまえば不快な症状が消えて楽になるし、家庭で手当てできます。

一方要注意なのは、脳障害による嘔吐です。
たとえば、頭を強く打ったあと数日以内に突然激しく吐いたりするようなときは、安静にして至急脳外科医の診察を受ける必要があります。
このほか、嘔吐とともに発熱、頭痛、腹痛、下痢、めまいなどがみられ、なかなか回復しないときは医師の手当てが必要です。

おう吐・吐き気がある時の食べ物



嘔吐・吐き気の関連ページ・通販情報

吐き気をおさえる漢方薬